英単語・英熟語

【英単語】エビを意味する「shrimp」と「prawn」の違い

「エビ」の英単語といえば、日本人の多くが”shrimp”を思い浮かべることでしょう。

実際、学校英語でも”shrimp”しか出てきませんでしたしね。

しかし、海外に行ってみるとレストランのメニューなどで”prawn”という単語をよく目にします。

さて、あなたはこの違いがわかりますか?

今回はエビを表す英単語「shrimp」と「prawn」の違いについて解説します。

「shrimp」と「prawn」の違い

結論から言ってしまうと、2つは大きさが異なります。

では、どう違うのかもう少し見ていきましょう。

1. shrimpとは?

shrimpは、小型のエビを指します。

イメージとしてはかき揚げとか、パスタの具として入っている小さく丸まったエビなどを指します。

2. prawnとは?

prawnはshrimpよりも大きい中型サイズのエビのことを指します。

イメージとしてはエビフライや天ぷらに使われるエビです。



国によって呼び方が異なる?

さて、ここまでで「shrimp」と「prawn」の違いはサイズであることを説明してきましたが、あまり意識せずに使っていることが多いです。

実際アメリカ英語とイギリス英語で、次のようにエビの総称が異なります。

アメリカ・カナダ
(アメリカ英語)
shrimpをエビの総称として使っている。
イギリス・オーストラリア
(イギリス英語)
prawnをエビの総称として使っている。

なので、あまり神経質にならず、使いたい方を使えば問題ありません。

どちらもエビには変わりないので、どちらを使っても通じます。

豆知識:shrimpには〇〇と意味もある

実は「shrimp」には「チビ」という意味もあります。

「ハイキュー」というアニメを字幕付きで見ていた時、鵜飼監督が主人公の日向を「チビすけ」と呼ぶシーンがあるのですが、そこでは「shrimp」が使われていました。

created by Rinker
¥460
(2020/11/25 21:27:14時点 Amazon調べ-詳細)

まとめ

「shrimp」と「prawn」の違い
  • shrimp:小型のエビ
  • prawn:shrimpよりも大きい中型のエビ

一応、サイズの違いで使い分けることができますが、国や人によって使い方は様々ですので、あまり神経質にならずに使いたい方が使えば問題ありません。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA