英単語

【英単語】雷を意味するthunderとlightningの違い

東南アジアでは雨季になるとよく現れる雷。日本ではそれほど多くないですが、時々大きな雷が落ちて人が亡くなることもありますね。

私は雷が大嫌いで、特にあの大きな音が苦手です。

さて、今日のテーマは「雷」です。

雷は辞書で調べると”thunder”や”lightning”という言葉が出てきます。

ゲームをする方なら、魔法やキャラクターの名前で「サンダー」や「ライトニング」という言葉が登場するので聞き慣れた言葉かもしれません。

しかし、この2つの言葉の違いをご存知でしょうか。

今回はこの2つの違いを説明します。

今日テーマ

“thunder”と”lightning”の意味の違い

thunderとlightningの違い

雷といえば、まず皆さんが想像するのはこれではないでしょうか。

これは英語では”thunder”と”lightning”のどちらかになるのですが、どちらだと思いますか?

少し考えてみましょう。

それでは答えですが、先ほどの写真は英語で”lightning”と言います。

英語の”light”が「明かり」や「光」を意味するので、推測できたかもしれません。

では、thunderはどういった意味でしょうか。

実はthunderは雷の「ゴロゴロ〜」という音を表しています。

ですから、雷が発生してピカっと光るのが”lightning”でゴロゴロ〜と言う音が”lightning”になります。

光と音で単語を分けるなんて、ちょっとややこしいですね。

thunderとlightningの意味の違い

1. tunder:雷ののこと

2. lightning:雷ののこと

それでは、最後に例文を見ておきましょう。

The thunder rumbles.
雷が鳴っている。

The lightning struck there a while ago. 
さっき、あそこに雷が落ちたようだ。

Did you hear the thunder?
今の雷の音聞いた?

I heard that two people died because of the lightning yesterday.
昨日の雷で2人亡くなったそうだ。

まとめ

今回は薬局を意味する”thunder”と”lightning”の違いでした。

2つの違いがわかりましたでしょうか。

lightが使われているlightningは光のことと覚えておけば、覚えやすいですね。

あまり使用頻度は高くないですが、知識として知っておきましょう。




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA