単語

【英語で説明】先生と教師の違い

「みんなの日本語」や「できる日本語」など、初級の日本語の教科書では必ず自己紹介をしますね。

そこで登場する職業の1つに「教師」と「先生」があります。

教科書によっては「先生」だけしか紹介されていないものもありますが、多くの教科書でこの2つの単語が登場し、これらの違いを説明しなければいけません。

そこで、今回はこの2つの違いをどうやって英語で説明するか確認しましょう。

まず、それぞれの違いですが、以下にまとめましたので確認しましょう。

説明したいこと!
  1. 「教師」は職業の名前としてよく使われる。
  2. 「先生」は職業の名前としてだけでなく、「〜先生」というように名前を呼ぶ時にも使われる。
  3. 「教師」は学校の先生のみを意味するが、「先生」は医者や弁護士、政治家などにも使われる。

それでは、英語でどうやって説明するのか見てみましょう。


「教師」と「先生」の違いを英語で説明する

「教師」は職業の名前として使われます。そのため、自己紹介をするときや職業名を書くときにこの言葉が使われます。
 “教師” is used as a job title. That’s why when teachers introduce their job, they say “教師” and when they write their job on their resume, contract, etc, “教師” is used.

 

「先生」も職業の名前として使われますが、「〜さん」のように名前を呼ぶ時によく使われます。自己紹介をする時には「先生」とは言いません。

“先生” is also used as a job title but it is commonly used when you address a teacher like “Mr” and “Ms”. When you introduce yourself, you never use it.

「教師」は学校や大学の先生を意味しますが、「教師」は学校の先生のみならず、医者や政治家、法律家などを呼ぶ時にも使われます。

“教師” indicates teacher of school and university but “先生” indicates not only school teacher but also when you call doctors, politicians, lawyers, this is used.

さいごに

いかがでしたでしょうか。

今回は「先生」と「教師」の違いをどうやって英語で説明するのか紹介しました。

日本語学習者が会話の中で「教師」という言葉を使うことはほとんどないと思いますが、学習者から「先生と教師の違いは何ですか?」と質問があるかもしれませんので、きちんと説明できるようにしておきましょう。

それでは、また。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA