英語で説明する

英語でどういう?「日本語教育能力検定試験 合格」と「 日本語教師養成講座420時間 修了」

海外の日本語学校での勤務を希望する場合、学校によっては英語の履歴書の提出を求められることがあります。

でも、「日本語教育能力検定試験 合格」「日本語教師養成講座 420時間 修了」ってどうやって英語で書けばいいのでしょうか。

今回は「海外で日本語教師として働きたいけど、英語で履歴書が書けない」という人向けに、これらをどう英語で書けば良いのか紹介します。

日本語教育能力検定試験の英訳

まず、「日本語教育能力検定試験」ですが、英語では次のように言います。

the Japanese Language Teaching Competency Test

合格証書にも上記の通り記載されているので知っている人も多いかもしれません。

そして履歴書にこの試験に「合格したこと」を書きたい場合は、次のように書くと良いです。

書き方

Passed the Japanese Language Teaching Competency Test

日本語教師養成講座 420時間の英訳

続いて、「日本語教師養成講座」についてですが、英訳すると次のような言い方があります。

・Japanese Language Teacher Training Course

・Japanese language advanced teaching course.

このコースを修了したことを、履歴書に書きたい場合は次のようになります。

書き方

Completed all the requirements of Japanese Language Teacher Training Course (420 hours above.)

まとめ

今回は、英語で検定試験に合格したことや養成講座を修了したことをどう履歴書に書けば良いのかを紹介しました。

まとめると次のようになります。

言い方
  1. 日本語教育能力検定試験 合格
    →the Japanese Language Teaching Competency Test
  2. 日本語教師養成講座 420時間以上 修了
    →Completed all the requirements of Japanese Language Teacher Training Course (420 hours above.)

他にも言い方は色々あると思いますが、英語があまりわからないという方はそのまま利用して

海外で日本語を教えてみたい方で、英語の履歴書が必要な方は参考にしてみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA