勉強法・おすすめ書籍

会話力を向上させるための効率良い英単語の勉強法【英熟語や会話表現にも適用可】

このページを見ている人は、「もっと英語が話せたらなぁ」と思っている人が大半だと思いますが、英語を話すためには単語を覚えないことには、いつまでたっても英語を話すことができません。

ですから、単語を勉強する必要があるわけで菅、皆さんはどうやって単語を覚えていますか。

おそらく単語帳をリピートして、暗記していると思いますが、単語帳の単語って普段の生活で使わないような単語も多いので、「英会話力を向上させたい」ということが目的でしたら少し非効率です。

そこで、今回は英会話力を向上させるための効率良い単語の勉強法を紹介したいと思います。

最低限の基本単語は覚える必要あり

先ほど、単語帳での単語学習は非効率だと言いましたが、もちろん最低限の基本単語は暗記しておく必要があります。

ですから、中学や高校で学習した単語はほとんど忘れてしまって、今現在、初級レベルだという方は必要最低限の単語を暗記するようにしてください。

私が英語学習の際に使っていた単語帳は以下の2つです。

それぞれ、3000単語あり、2冊覚えると6000語習得したことになります。

2冊目はちょっと不要な単語も多いので、生活で使わないような単語はスキップしても良いかもしれません。



【基本】効率の良い単語や表現の覚えかた

私がやっている方法としては、生活の中で使う単語をピックアップしていくことです。

例えば、スーパーに買い物に行って「きゅうり」を買うとします。皆さんは「きゅうり」を英語で何というか知っていますか。英語では、「cucumber」と言います。

もし、知らなかったら場合はネットで調べてノートにメモしておきます。

これを繰り返していくことで、自然と生活の中で見たり、使ったりする英単語が増えていきます。

かなりシンプルな方法ですが、毎日継続すると自然と知っている単語が増えていきます。

単語を調べる際、必ず発音も聞いて音で覚えるようにしましょう。

英会話のための単語勉強法ですから、スペルよりも音を聞いて「音で覚える」ことが大切です。

【発展】効率の良い英熟語の覚え方

この方法は単語だけでなく、熟語を覚える際にも適用できます。

例えば、ユニクロにジーンズを買いに行って、裾を直したい時、店員さん調整してもらいますね。

そういった時、「英語ではどう言うんだろう?」と考えます。

そして、わからなければネットで調べてメモしておきます。

先ほどは単語だけでしたが、今回は表現で覚えることになるので、これを繰り返していくことで使える表現が増え、英会話力が向上します。

普段の生活の中で「こういう時、英語でどういうんだろう?」と疑問に思うことが大切です。

まとめ

今回は、英会話のための単語の学習法を紹介しました。

今回紹介した内容はとてもシンプルな方法ですが、コスト0でスタートできる勉強法ですし、効率よく生活の中で使う単語を学習できるのでオススメです。

この記事を読んだ人では早速今からスタートして、少しずつ語彙や表現を増やしていきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA