英会話・英文法

【英語表現】分数ってどう数えるの?

「1/2(2分の1)」や「1/5(1分の5)」のように小学校の算数で分数を習いましたが、これを英語で言う場合はどう言えばよいのでしょうか?

このページでは英語での分数の数え方を紹介していきます。

英語での分数の数え方の基本

冒頭の1/5であれば、日本語では「5分の1」と下の数字→上の数字の順で数えますよね。

しかし、英語では逆で上の数字→下の数字の順で数えます。

では、1/5は英語でどう言えばいいでしょうか? 少し考えてみてください。

※ちなみに、one fiveじゃないですよ。

わかりましたか?

答えは、 one fifth(あるいは a fifth)となります。

つまり、分子の数字には通常の数字(基数)が用いられ、分母の数字にはfirstやsecond、thirdのような序数が使われることになります。

また、2/5や3/5のように分子の数字が複数になる場合は、two fifthsthree fifthsのように複数を表す「s」が必要になるので注意しましょう。

  • 分子には基数、分母には序数が用いられる
  • 分子が2以上の場合、分母には複数形を表す”s”が必要である



特別な読み方をする分数

では、1/2と1/4はどのように英語で表現すればよいでしょうか。

先ほどのルールに従えば、「one second」や「one fourth」と考えるのが普通ですね。

しかし、これら2つはそう言わず「one half」、「one quarter」と言います。

1/2は one half、1/4は one quarterと言う。

もう一つの分数の読み方

では、17/22は分数でどういうでしょうか。

今までのルールに従えば、「seventeen twenty-second」となりますが、そう聞いてどう感じますか?

正直、わかりにくいし、言うのも難しいですよね。

そのため大きい数字を数える時は、もう1つの言い方を使うことが多いです。

それが、次のような言い方です。

大きい分数の数え方

b/a → b over a

例えば、先ほどの17/22なら、「seventeen over twenty two」ですね。

分母も序数ではなく、通常の数字(基数)が使われますので、その点だけ注意してください。

まとめ

今回は英語の分数の表現について紹介しました。

海外での生活で、大きい分数を数えることはほとんどないと思いますが、1/2や1/3などの小さな分数を数えることはよくあるので、きちんと理解して使えるようにしておきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA