比較

【英文法】比較表現「原級」の使い方まとめ

英語の比較表現には大きく分けると「原級」、「比較級」、「最上級」の3つがあります。

このページではこの中から「原級」をピックアップして、解説していきます。

そもそも原級ってなに?

「原級」とは

  • たかし君はケント君と同じぐらい背が高い。
  • 最近のi-phoneはパソコンと同じぐらい高い。

上の例文のように、2つのものを比較して、それらが同じ程度であることを表す表現のことを指します。

そして、原級を使った基本的な文型としては抑えておきたいのは次の4つです。

  1. 〜と同じぐらい・・・だ。
  2. 〜ほど・・・ではない。
  3. 〜のN倍だ。
  4. できるだけ・・・

それでは、それぞれの文型について見ていきましょう。



原級を使った英語表現

1. 〜と同じぐらい・・・だ。

2つの物を比べて、それらが同じぐらいであると言いたい時の表現で、文の形は次のようになります。

文型:〜と同じぐらい・・・だ

主語 + 動詞 + as + 形容詞・副詞 + as + 主語.

例えば、「ひとみさんは綺麗です」、「メグミさんは綺麗です」という文があって、「ひとみさんはメグミさんと同じぐらい綺麗です」と言いたい時は、次のようになります。

この時、文の後半の動詞は省略されるので「Megumi is」とする必要はありません。

●その他の例文
Takashi is as tall as Kento.

たかし君はケント君と同じぐらい背が高い

Recent i phones are as expensive as computers.
最近のi-phoneはパソコンと同じぐらい高い。
※「パソコン」という言葉は日本で作られた英語(和製英語)で英語ではcomputerを使うので覚えておきましょう。

では、次に「彼は素敵な人です(He is a nice person.)」、「彼のお父さんは素敵な人です。(His father is a nice person.)」という文があったとして、「彼は彼のお父さんと同じぐらい素敵な人です」と言いたい場合はどんな文になると思いますか?

今回は「素敵な人」つまり「形容詞 + a 名詞」で構成されているパターンですね。

少し考えて見ましょう。

わかりましたか?

もし「He is as a nice person as his father.」と答えた場合は間違いです!

答えは次のようになります。

「素敵な人」のように「a + 形容詞 + 名詞」の文を原級で表現する場合「形容詞 + a + 名詞」の語順に変わります。

ここは間違えやすいポイントなので、しっかりと覚えきましょう。

 

2. 〜ほど・・・ではない

続いて、比較した結果、相手と同じ程度はないということを表す「〜ほど・・・ではない」文型ですが、次のように表現します。

文型:〜ほど・・・ではない

主語 + 動詞(否定形) + as + 形容詞・副詞 + as + 主語.

これは「〜と同じぐらい」の文型を否定の形にしただけなので、簡単ですね。

●例文
I am not as smart as he.
私は彼ほど賢くありません。

I cannot run as fast as he.  

私は彼ほど速く走れません。

He is not as nice a person as his father.
彼は彼の父ほど素敵な人ではありません。

なお、否定文の場合、「as・・・as」の先頭の “as” を “so” を使って「so・・・as」と表現することもあります。

学校の授業では「as・・・as」で学習したかもしれませんが、ネイティブは”so”を使うこともあるので覚えておきましょう。



3. 〜のN倍だ。

続いて、比較した結果、程度が2倍、3倍、・・・倍だということを表す文型ですが、次のように表現します。

文型:〜の・・・倍だ

主語 + 動詞 + 倍数 + as + 形容詞・副詞 + as + 主語.

文の形は「〜と同じぐらいだ」の「as・・・as」の前に倍数を置いて表現します。

倍数の例
倍数 英語
半分 half
2倍 twice
3倍 three times
4倍 four times
5倍 five times

倍数は基本的には「数字 + times」で表現できますが、2倍は「twice」、半分は「half」を使って表現します。

●例文
Tom’s room is three times as large as my room.

トムの部屋は私の部屋の3倍だ。

He can run as fast as I.  
私は彼ほど速く走れません。

4. できるだけ・・・

最後に「できるだけ早く来てください」や「できるだけ急ぎます」のように「できるだけ・・・」を使った表現ですが、次のように表現することができます。

文型:〜の・・・倍だ

主語 + 動詞 + as + 副詞 + as + possible / + 主語 + can .

「as・・・as」の後ろに「possible」あるいは「主語 + can」を置くことで表現できます。

●例文
Please call the doctor as soon as possible.
できるだけ早くお医者さんを呼んでください。

I’m going to do as much as I can.
できる限り頑張るつもりです。

ちなみにネイティブの人とメールやチャットをしていると、「as soon as possible」を各単語の頭のアルファベットを取って、「ASAP」(エーエスエーピー)と略して表記することもあるので、覚えておきましょう。

まとめ

今日は比較表現の1つ「原級」について解説しました。

原級を使った表現には大きくわけて、以下の4つの表現がありましたね。

「原級」の表現
  1. 〜と同じぐらい・・・だ。
  2. 〜ほど・・・ではない。
  3. 〜のN倍だ。
  4. できるだけ・・・

文型が理解できたら、次はアウトプットしましょう。

単に理解しただけでは英語は身につきません。たくさん例文を作ったり、学習した例文を使って日記を書くなど、アウトプットすることが重要ですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA